観光客を呼び込む目玉スポット!超怖すぎる中国の吊り橋!


中国の建築技術には度肝を抜かれてしまいます。

常識を遥かに越えた驚愕の技術に驚きを隠せないのです。

中国による4000年もの技術が集結されて造られているのではないでしょうか?

全面シースルーの吊り橋が目玉スポットになり得るのかを考えてみましょう。

中国

【全面シースルーの吊り橋】

足元はガラスか何かで見えない為に空中を渡っている様な感じです。

怖さが先に来て足元が救くわれてしまいそうな感覚に襲われます。

足元は谷底までもが見えるので高所恐怖症ないにしても震え上がるかもしれません。

橋と橋の間にシースルー広場を設けても休憩所になるはずがないでしょう。

【吊り橋効果】

吊り橋において恋愛に見られる相乗効果が表れ易いのではないでしょうか?

不安や恐怖を抱く様な場合に出会うと恋愛感情が芽生える事が起きるでしょう。

この橋を異性と渡れば吊り橋効果が期待出来る可能性が高くなります。

つり橋

【タマヒュン】(タマがあがる)

高所やジェットコースター等の落差の時や怖さによって起きる現象ではないでしょうか?

男性の二つの玉が主にすくみ上がってヒュンとした感覚を覚えます。

張家界グランドキャニオン内の2つの崖の間に目の眩む程の通路が架けられます。

こんな高さからくる恐怖を感じるとタマヒュン以上のものがあるでしょう。

【張家界(チョウカカイ)の谷を繋ぐ】

設計したのはイスラエルの建築家、ハイム・ドタン氏によるものです。

2010年の上海万博のイスラエル館の設計者としても有名であります。

橋自体は一度に800人が乗れる強震な強さや力を持っているかもしれません。

ファッションショーのステージにも使われると予想されるのではないでしょうか?

バンジージャンプの名所でマカオタワーの高さ233メートルを越えているでしょう。

バンジー

 

映画「アバター」のワンシーンに張家界の景色がモデルだと言われています。

映画を見た感想はパンドラ惑星の石柱や断崖絶壁が設定にマッチして良かったです。

将来は張家界において世界一のジャンプを楽しめる日も近いのではないでしょうか?

 

ココをクリック

 

小さい髭おじさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です