神社・仏閣による「おみくじ」の順番


スポンサードリンク


知っておきたい! 「おみくじ」の順序。

 

なぜ、「おみくじ」が

(大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶)という順番になったのか。

そこには、どう言う理由があるのだろうか。

(一般的)に「おみくじ」と言われるのは、

人様(個人)の運勢・吉・凶を占う物とされているが、神社仏閣によっては、

(種類・意味等)での違いがあり、

以外にもこの順番が正しいとは言いがたいものである。

71fe7ecc223299f62dcdf2aa070dfa32_s

大体、「(大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶)」これが(基本)の順序であり、

他の神社によっては、さらに(凶)の下に(大凶)、

(末吉の前に半吉が加わったバージョン)があるそうです。

「大吉-中吉-小吉-吉-半吉-末吉-末小吉-凶-小凶-半凶-末凶-大凶」

この順序は、(まれ)というか、あまりないそうです。

だから、(基本形)としては、

「(大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶)」になるそうです。

8a7fc22253cd0003bf1039011b4944b8_s

そこで、「おみくじ」の順序も最初から決まった順序はなく、

只、神社・仏閣による昔から言い伝えられてきたものだそうです。

そして、この(順番が一番シックリ)するというか。

「(大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶)」

(順番で収まった)ようです。

「おみくじ」の映像 (ココをクリック)

「おみくじ」の順番に関しては、ちゃんとした(由来・意味)がなく、

個人・個人の運勢・運命を占うものであるので、

あまり(真剣)に囚われずに(楽観的)に囚える事が出来れば良いと思います。


スポンサードリンク

“神社・仏閣による「おみくじ」の順番” への4件のフィードバック

  1. すてきな おじさん より:

    おみくじを見るまでが、
    ドキドキしますよね。

    縁起物なので、「凶」は避けたい語句です・・・

    • すてきな おじさん より:

      すてきな おじさんさん

      自分も同感です。
      「おみくじ」を引けば、見るまでが、多少(ドキドキ)します。
      せめて「小吉・吉」で、ありたいものです。

  2. JI-JI より:

    おみくじって、いつも結構的を得たことが書いてあるので感心します。
    今年は、おみくじすら引いていません。
    私は以前「凶」を引いたことがあります。
    あるんですね~
    でも、返って貴重なもんだろうと思い、良い風に考えました。

    • すてきな おじさん より:

      JI-JIさん

      自分でも今まで、実家のお袋は、何故か(くじ運)がいいのに、
      過去の正月で「おみくじ」を引いても、最高で(吉・小吉)なのです。
      あまり、人生の中で、(大吉)を引いたという記憶は、御座いません。
      だから、自分でも運がないと思い、(ジレンマ)に陥って勝負に関する事は、
      成るべく、避けて来ました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ