盆栽としては凄くカッコいいと思わざるを得ない様な迫力に圧倒されるやいなや何か引き付けられるものを感じます。


スポンサードリンク


このような盆栽においては、見たことがなくその凄みというものに押しつぶされそうにな驚きは隠せません。

 

よく観察して見ると、

枝の先には

が今にも

存在している様な感覚を

受け取られます。

盆栽」というものは

木そのものだけでなく

枝から幹に至るまでの

あらゆる視点(観察)等、

美しさを求めての追求

なのです。

流石に「木村政彦」さんという

最も有名な受賞暦のある

盆栽」だなと感心させられました。

自分としては

盆栽」に余り興味がなかったので、

とても有名な方の「盆栽だとは

知りませんでした。

盆栽

盆栽」というのは、

どちらかと言うと

(年配者)が好み、

末永く観賞出来きる

事もあります。

絵画みたいな

観賞ではなく

違った方向性の

感じ方があるものと

考えさせられました。

ココをクリック

近頃は、

眺めれば眺める程に

奥が深く思われて癒し等の

魅力あふれる印象を

受け取られる様になりました。

盆栽」の世界では

素人の若い世代にとっても

実にカッコが良くて(素晴らしい)

美しい(惚れ惚れする)と

言わざるを得ない

感覚(感じ)を捉えられる事が、

多くなってきたと伺えられます。

 

 

小さいおじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ