猫は何故!わざわざ窮屈な場所を好んで寝床にするのか?


スポンサードリンク


どんな場所においても自分のスペースに出来るという動物なのではないでしょうか?

猫においては不思議な能力を持っているだと言う事が分かったのです。

何故、こんな場所で寛ぐ事になったかの経緯を詳細に説明して行きましょう。

猫

【猫】
猫が気持ちよく寝ている姿は見ていると何か微笑ましく思えてなりません。

人間に飼われていない野良猫も狭くて暗い場所を好んだりしているのです。

一方都会に暮らす野良猫は廃墟ビル、下水溝、床下等を寝床を住処にしているのを見かけます。

猫自体が暖かく気持ちの良い所でしか眠らない・眠れない習性があるのでしょう。

【ハトよけ】

大丈夫なのかと思えてしまう様な猫の寝姿には困惑してしまいます。

普通はハトよけになるのを上手に針を避けて寝床を作っているのです。

針がない所を猫がちゃんと探せるのは凄いなと驚きを隠せません。

猫よけ

【寝床・快適な場所】

「狭くて暗い場所」を好むには猫自体の本能によるものが関わっているのです。

獲物が隠れているという狩猟本能が湧いてからとも言われます。

又、外的から身を隠せる・守る要因も表れているではないでしょうか?

眠っている猫

飼い猫・野良猫に対してすっぽりと身を隠せる狭くて暗い場所は非常に重要になります。

大体猫がストレスを感じさせない様な最小限への配慮が肝心です。

家の中では人目につかない場所に隠れ家を用意する等の心掛けも大切ではないでしょうか?

 

ココをクリック

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ