メキシコの麻薬王による!度肝を抜いてしまう様な脱走劇!


スポンサードリンク


地下にトンネルを掘って数キロ先の民家の庭から脱出するのではありません。

現代における映画みたいな脱走劇が行われた事で話題になっています。

メキシコを舞台にした最大な脱走劇の詳細を検証して参りましょう。

メキシコ

【麻薬王】

メキシコの麻薬密売・密輸組織シナロア・カルテルの最高幹部になっています。

麻薬との切っ掛けは、10代で麻薬の栽培に携さわっていったのではないでしょうか?

20代では、父親から家を追い出されてしまい祖父と共に生活していたようです。

又、家出をした頃に麻薬密売組織の先駆者と言える犯罪組織に加担していたかもしれません。

【シナロア・カルテル】

米国へのコカインやマリフアナの密輸ルートを掌握する麻薬密売組織と呼ばれています。

親族関係と地縁を基盤としたメキシコ的な社会関係に君臨していったのではないでしょうか?

警察・司法・政治家・公務員等を中心に賄賂をばら撒いていたんです。

犯行の残虐性から敵対勢力の同組織から恐れられていた存在に違いないでしょう。

【ホアキン・グスマン】

米経済誌フォーブスの発表で「世界に最も大きな影響力を持つ人物」としても有名です。

総資産額は10億ドルを超えると推定されていると言えるのでしょう。

勢力を拡大して築いた莫大な財産は法の網を逃れる為にあらゆる手を打っています。

【脱走・脱劇】

過去に脱走を2回しているのですが、大体脱走する事自体は本当に可能でしょうか?

大胆な程、地下のトンネルに穴を掘って、1キロ先の出口から逃走したと伺われます。

地下は電気が通じてあって掘削用の設備も充実していたのでしょう。

結局、脱走の為に人間を雇って完璧な地下トンネルを作り上げたようです。

トンネル

地下トンネルの費用が総額合計5000万ドル使い果たしたかもしれません。

共犯者が多く見受けられるが遅かれ、早かれ、捕まってしまう事は時間の問題です。

何故、こんな大掛かりである計画が今までバレ無かったんでしょうか?

 

ココをクリック

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ