スターウォーズの大ファン!亡き妻に約1000km完走!


スポンサードリンク

スターウォーズの大ファンである亡き妻の思いを込めて歩いてきたのでしょう。

カリフォルニア州のペタルーマから会場のサンディエゴまで約1000kmの道のりです。

登場キャラクター「ストーム・トルーパー」に扮して撃破した理由を教えましょう。

スターウォーズ

【スター・ウォーズ】

辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年とその子供達の成長を描いています。

正義の守護者ジェダイと銀河系の悪によって恐怖の信奉者シスの攻防になるでしょう。

帝国の圧政に対する反乱して再び復活した「新共和国」が変貌して行くのです。

【ストーム・トルーパー】

『スター・ウォーズ』シリーズにもある銀河帝国軍の機動歩兵になります。

ストーム・トルーパー軍の組織で地上軍や宇宙軍とは別にある独断の歩兵隊です。

クローン・トルーパーからストーム・トルーパーへの変化しているかもしれません。

使用する兵器や諸装備もクローン・トルーパーと酷似したのがあるのでしょうか?

【ケビン・ドイル氏】

毎年アメリカで夏場に開催されるサブカルイベントに参加したのが始まりです。

これは、マンガや映画の熱狂的なファンが集う祭典として有名でしょう。

約1000km近い道のりをふざけた恰好で歩いたのには何か思い入れがあったかもしれません。

実は彼の挑戦には涙なくしては語れない深い事情があったのではないでしょうか?

ストーム・トルーパー

【亡き妻】

約1年間連れ添った妻のアイリーンさんを膵臓ガンで亡したのです。

二人が大のスターウォーズファンであるから妻と知りえたと思われます。

カリフォルニアのスターウォーズ博物館を訪れてイベントの情報が分かったのでしょう。

【501軍団】

慈善活動を行う集団を「501軍団」と名付けた事が関連しているでしょう。

何気なくGoogleマップでサンフランシスコからサンディエゴまでの距離を調べたのです。

すると二人が出会った501軍団を連想させる数値に感慨深げな気持ちではないでしょうか?

天国にいる妻へのメッセージだと確信が持てた事が出来て良かったと言えます。

ダース・ベイダー

途中でガン患者を支援する募金活動と踏まえてから励まされてきたのです。

妻に先立たれて毎日辛い思いをした時とでは精神的に余裕が生まれたかもしれません。

家に閉じこもって引き篭もるより、遥かに心が癒される旅路ではないでしょうか?

 

ココをクリック

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ