あらためて多くの人に感謝します


スポンサードリンク


突然会社の同僚がこの世を去ってから1週間が経とうとしています。

いつも隣の席で元気にしていましたから、とても寂しいです。

実はこうなってしまった病気のことを聞いた時は、

悲しい気持ちと同時に、大変複雑な気持ちになりました。

 

私が約4年半前になってしまった病気と同じだったからです。

その病気は「脳出血」です。

脳出血は、ある日突然おそってきます。

出血の場所や状態によって命を落としたり、

後遺症が残ったりします。

 

私の場合は右の上半身と下半身に“まひ”が残りました。

杖を使えば外も歩けるまでには回復できましたが、

一度この病気になった人は、将来再び発症する可能性を言われていますので、

日々気をつけています。

 

ところで、「1%チャレンジ」についてですが、私の場合何か?と考えました。

私もこの病気になってから、これまでたくさんの人にお世話になりました。

現在の会社からも仕事の場をいただき、とても感謝しています。

なかでも私の分まで働いてくれた家内にはとても申し訳なく感じています。

 

ですので、私の1%チャレンジは

「皿洗い」です。

 

皿洗い

 

 

 

 

 

 

自宅療養の頃は、時間だけはたくさんあったので、

皿洗いをしていました。

しかし、仕事に行き始めてからは徐々にやらなくなっていたのです。

 

これからも元気で会社に出てくれるよう、健康管理とリハビリも頑張ります。

 

ペンネーム☆ライダー1号


スポンサードリンク

“あらためて多くの人に感謝します” への5件のフィードバック

  1. 木藤勝則 より:

    リハビリを毎日続けなくては、健康は維持できませんよね。
    皿洗いも手に障がいがあると、結構難しいです。

    慌てず慣れることが大切だと思います。
    苦になるよりも、出来ない時は補助してもらうように工夫をすればよいですね。

    私も家事を怠けてしまうので、できることから始めようと思います。

  2. 津田 康 より:

    飲食業をやっている友人曰く皿洗いは重要らしいです。
    何気ないことが大切だったりしますよね。

  3. 大生信一郎 より:

    毎日お仕事お疲れ様です。ライダー1号さんの奥様を思う気持ちに、私も反省しております。私も2年間家族に迷惑と心配をかけました。今は2歳半の孫は、私が風呂に入れています。仕事を頑張り、少しずつ家族への恩返しをして行こうと考えている所です。良いお話ありがとうございました。

  4. 後藤 澄子 より:

     ライダー1号さん、こんにちは。

    ライダーさんの奥様への敬愛や感謝の気持ちに触れて、わたしも見習おうと

    思います。

     家族には迷惑を掛けたり、寂しい思いもたくさんさせてきました。

    仕事の忙しさを理由に、家族に目を向けず甘えてばかりでした。

     感謝しなければ・・・  分かってはいましたが、行動に出していません

    でした。

     ライダーさん、感謝は『しなければ』いけないものではなく、いつもこころに

    持つことですよね。 側にいてくれるから頑張れる、こちらに来るまでは

    忘れていました。 

     家族はもちろん、あんしん生活のみなさんも、わたしの側にいてくれるから

    わたしは頑張れます。

     これから先もずっとこの状況が続いてくれる事を願うばかりです。

     いつも、ありがとうございます。

  5. 福盛俊明 より:

    私の母も脳出血で左半身が麻痺しています。
    リハビリに頑張っていますが、少しでも長く生きてほしいと思っています。
    母は最近ペースメーカーをつけました。

    ライダー1号さん、健康管理には気をつけてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ