【福博かわら版】 JR筑肥線に新型車両登場!


スポンサードリンク


地下鉄空港線を利用されている方なら御存知かも知れませんが、白い電車です。
これこそJR九州が西唐津~福岡空港間の筑肥線(一部、福岡市営地下鉄空港線を走行)に導入。

305系という新型通勤電車で現在走行している赤い通勤電車303系に変わる電車です。
先頭部は黒で側面を白色で着飾ったスタイリッシュなデザインをしています。

新型通勤電車303系JR九州の新型通勤電車305系

この車両は、あのクルーズトレイン「ななつ星in九州」を担当した水戸岡鋭冶さんがデザイン。

ドアが開いて上を見ると大きな天使の輪のようなパイプに吊革が沢山ぶら下がってます。

これは、大いに助かります。以前の電車だと乗ってすぐの手すりに烏の様に張り付いてました。
新型車は通勤時のラッシュに乗り込んで、そのまま奥に押し込まれても平気、吊革があるんです。
これには、ほんと天使が降臨かと思うほどありがたいです。

車内には大型液晶デスプレイがあり駅に着いて出口へはどう向かえばよいのか一目で解ります。
1号車の床は木のフローリングを使用するなどお洒落な造りになっています。 kh


スポンサードリンク

“【福博かわら版】 JR筑肥線に新型車両登場!” への2件のフィードバック

  1. 人間万事塞翁が馬 より:

    座席も余裕があって快適そうですよね。

  2. 彷徨うたぬき より:

    今度置き換えになるのは303系では無く103系です。
    305系には犬のKUROがドアのところにあってかわいいです。
    ただ、地下を走るのにシートが木製で大丈夫か?とは思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ