【福博かわら版】福岡市と西鉄、都心にバス高速輸送システムを導入


スポンサードリンク


福岡市と西日本鉄道は福岡市の天神と博多駅と博多埠頭を結ぶBRTを整備すると発表。
BRTとは同三カ所を循環するバス高速輸送システムのことで16年から順次度導入する。
2016年に2台の連結バス(2台をつないだバス)でスタートし2020年に15台を導入予定。

バス車両2台を連結器でつないで使用する(定員は通常のバスの約2倍の130人)
博多駅~渡辺通り~天神~博多港国際ターミナル~呉服町~博多駅と循環する。

10分間隔で運行し料金は一律の定額制を検討している。
事業費は、市がバス停などの設備費で約3億円、西鉄が車両代などで15億円負担する。

今後、ルートを決定してバス専用レーンを設ける為に県警などと協議をしていく。 kh

バスとルート

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ