最近の調べによれば、車を利用される場合に最も気をつけて欲しい事があるのです。


シートベルトでの着用率が運転席と後部座席においての認識度が全然違う!

 

運転席と後部座席では、

シートベルトの着用においてどの様な違いがあるのか。

「運転席」「後部座席」比べて見れば、

一般的に危険な感じがするのは、

「運転席側」だと思われますが、

TVで「後部座席」による実験の映像を見れば,

とても酷くて見れないのです。

ここで専門化において最も危険過ぎるのは、

「運転席側」よりも「後部座席側」だという事です。

車1

「後部座席」には、

一般の人にして見れば殆ど危険な感覚はないのです。

何故、「後部座席」は危ないと感じていないのか。

小さい子供等においても落ち着きがなく、

大人でさえちょっとした移動の時でも、

(シートベルト)をしていないし、

(高速道路ではシートベルトするが一般道ではしない)

という人もいるぐらいです。

個人・個人の考え方になるのだと思うのです。

偶にしか着用しない人にとっては、

めんどくさい感じを受けます。

これは、命に関わる問題ですから、

距離や道路状況には関わらず、

常に意識して

シートベルトをする様に心掛けて行きましょう。

車2

 

小さい髭おじさん

最近の調べによれば、車を利用される場合に最も気をつけて欲しい事があるのです。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 人間万事塞翁が馬 より:

    確かにシートベルトは命綱ですね。
    後部座席だとうっかり忘れがち。

    気をつけます。

    1. あんしん 生活 より:

      人間万事塞翁が馬さん

      そうですね。
      確かに命に関わる問題ですから(後部座席)のシートベルトは忘れがちになりますが、
      個人・個人が気をつけて行きたいものです。

      小さい髭おじさんより

      1. あんしん 生活 より:

        人間万事塞翁が馬さん

        自分も余りお酒やビール等が飲めないのですが、
        どちらかというと「その場の楽しい雰囲気が好き」なのです。

        小さい髭おじさんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です