脳と脊髄って簡単には治療できないけれど、近い将来、手術が簡単になるかも知れません


スポンサードリンク


ついに来た?でも、怖い気がする(>o<;)

このニュースは本当に衝撃的でした。

以下を参照して下さいね^^

ついに強化人間が?脳と脊髄の神経のつながりを強化させることに成功(米日研究)

自然科学研究機構 生理学研究所と米ワシントン大学の共同研究チームは、

猿を使った実験で、

大脳皮質の神経細胞と脊髄とを4×5㎝の神経接続装置を介して人工的に神経結合し、

大脳皮質と脊髄のつながりを強化することに世界で初めて成功したそうで、

d5402144f8c591e35c86eb249ef42748_s

これにより

一度失った身体機能を自分自身の力でもう一度動かすことが可能になかもしれないとして期待されている。

研究チームは大脳皮質と脊髄間の繋がり(シナプス結合)を強化する目的で、

自由行動下のサルの大脳皮質の神経細胞と脊髄とを神経接続装置を介して、人工的に神経接続した。

神経接続装置は、大脳皮質の神経活動を記録し、それを電気刺激に変換し、

0.015秒の遅延時間(刺激のタイミング)をおいて、脊髄に対して電気刺激をしる。

サルは神経接続装置と伴に、ご飯を食べたり、遊んだり、寝たり、自由に日常を変わらず過ごしていたが、

次の日には大脳皮質と脊髄間のシナプス結合の強さは、人工神経接続前と比較すると、より強くなっていましたという。

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_s

シナプス結合の強さは、刺激のタイミングが大変重要で、0.012-0.025秒だと強化され、

0.050秒以上ではシナプス結合の強さに変化が見られなかった。

また、興味深いことに、刺激のタイミングを短くするとシナプス結合の強さが減弱されましたという。

この結果は、自由行動下の動物でシナプス結合を強めたり、弱めたりした世界で初めての成果だ。

この研究の成果は、今後、脊髄損傷や脳梗塞などにより失われた運動・感覚麻痺を取り戻す為の、

新しいリハビリテーション法として応用できるとして期待されている。

 

やはり、脳を扱うのは怖いですね・・・

神経難病が治る可能性があるのは嬉しいですけど、

複雑な気持ちです・・・
ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“脳と脊髄って簡単には治療できないけれど、近い将来、手術が簡単になるかも知れません” への2件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    もの凄い進歩で、医療技術は進歩していますね。
    私のこの左腕も、神経が頚椎から引っこ抜けているのですが、もしかしたら将来的に、再び動く様になるかも知れませんね!
    動く様になったら、もう一度草野球がやりたいです!

  2. すてきな おじさん より:

    JI-JIさん

    お疲れ様です

    本当に希望が持てますよね!
    特効薬とかも出る可能性もあります。

    先ずは、今やれることを精一杯やっていきましょう^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ