びっくり仰天の価格!ドバイの富裕層しか買えないようなミニカーが存在した!!


スポンサードリンク


お疲れ様です!

相変わらずの不況で、各国の需要は低下傾向ですね・・・

日本の国会議員も減らせばいいのに・・・ブツブツ・・・

政治の話は面白くないですね^^;

食品や電化製品を選ぶときは、

できるだけ安価なものを購入したいものです。

しかし、それに反して贅沢品に憧れてしまうのも事実です。

a0990_000122

贅沢になれるわけではありませんが、

憧れやって大切で、生きる活力にも変わると思うのです。

そこで、贅沢極まりない品を見つけたのでご紹介します。

それは、黄金に輝くミニカー(モデルカー)なのです。

何故、このような商品が出てきたのか不思議に思います。

一般市民には手が出ませんよ!

何と!お値段が「7.5億円」なんです・・・

アヴェンタドール

会社名「ランボルギーニ社

車名「アヴェンタドール

実は、実車よりも高い値段なのです(笑)

実車の値段は、約5千万円でこれも高価です。

意外に知られていないのですが、

億万円単位の車ってたくさんあるのです。

次回はもっと凄いものをご紹介した市ですねw
ペンネーム:すてきなじさん


スポンサードリンク

“びっくり仰天の価格!ドバイの富裕層しか買えないようなミニカーが存在した!!” への2件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    ドバイの大金持ちの生活ぶりを、良くテレビでやっていますよね?
    全く別世界の人の話として、楽しんで拝見しています。
    恐らくあいつら、どんどん金が貯まるから、使う事に苦労しているんじゃないでしょうか?
    私も一度は言ってみたい・・・ 「この金、○日までに使いきれる?」って。
    私たちの方が恵まれていますよ!
    朝まで酒飲んで、「あーじゃない、こーじゃない」言って、気持ちを共有してくれる仲間がいます!
    「あんしん生活」で巡り会えた宝物ですね!

    • すてきな おじさん より:

      JI-JIさん

      ドバイのすさまじい建築物の多くは
      貧民層のインド人が奴隷のように働かされています。

      ドバイの富裕層は、金があっても義理人情がありません。
      本当に、今の私たちの生活スタイルが楽しいですよね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ