人間誰しも最期を迎える時が来ます。しかし、病気で苦しみ他人の手を借りて永眠することは世界中でも問題になっているのです。


スポンサードリンク


お疲れ様です!

最期

を迎える日は必ずやって来ます。

今回は

自殺幇助(じさつほうじょ」

について語ります。

幇助と人権尊重って難しいですね・・・

a0002_004143

安楽死とは?

積極的安楽死
病気などで苦痛に耐え切れない
患者の意思に応じて故意に幇助すること

消極的安楽死
患者の意思の他に、
家族などの同意を得て治療を施さない
結果として、死に到らせること

自殺幇助とは?

積極的幇助
患者の意思に応じて
苦痛を伴わない自殺の手段を与えること

◆消極的幇助
治療できない患者に対し
必要以上の延命治療を行わないこと
苦痛を延ばさず死を優先する「尊厳死」

a0800_000045

この問題は非常に大きいのです。

本人の意思が一番大切なのですが・・・

次回は、

世界的な判断基準などを説明します。

 

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“人間誰しも最期を迎える時が来ます。しかし、病気で苦しみ他人の手を借りて永眠することは世界中でも問題になっているのです。” への4件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    私は個人的に「安楽死」はありです。
    自分が苦しくて生きるのが辛くて、周りの人間に負担をかけながら、治る見込みもないのに、死を待っているだけなんて・・・
    辛すぎます。
    己の生を考えるなら、同じ様に死につても考える齢になって来ました。

    • すてきな おじさん より:

      JI-JIさん

      安楽死は、個人の意志を尊重していると思います。
      苦痛が続けば、誰しも精神的にもダメージが大きいですよね。

      楽になりたい・・・そんな気持ちも分かるだけに複雑です。

  2. 人間万事塞翁が馬 より:

    改めて生きる意味を考えてみようと思いました。
    ご冥福を祈ります。

    • すてきな おじさん より:

      人間万事塞翁が馬さん

      生きることの大切さ、そして病気と闘う大変さを考えますね。
      人生で、後悔しないように生きて行きたいものです・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ