日本の法律とアメリカの法律は、全く別物です。引き続き安楽死の問題について語ります。


スポンサードリンク


お疲れ様です。

前回お話した「安楽死」の問題ですが、

日本はどうなってるの?

アメリカでは認めてるの?

そんな疑問がありますよね・・・

なので、

日本とアメリカの「安楽死」を比較してみました。

a172e3361c08a31a971093b7d2140bc6_s

日本の安楽死問題

日本の法律では、「安楽死」は認められていません。

ですが、人権尊重も厳守しなければなりませよね。

過去に起こった「安楽死事件」の判例をみると・・・

そこには、

4つの条件を満たさないと違法だと定義されています。

1.「肉体的苦痛」耐え難く激しい苦痛がある

2.死期が迫り、回復の見込みが無い

3.苦痛を取り除く手段が存在しない

4.明確な意思表示・自ら安楽死を望んでいる

この条件があれば、違法性は薄くなる。

「尊厳死」消極的幇助のみ合法化を検討しています。

4b082ac866f9dec4b2d8f319f15a58b8_s

アメリカの安楽死問題

アメリカ全土では、この問題は議題されていません。

ですから、各州で問題解決に当たっているのです。

積極的自殺幇助は、総ての州で違法となります。

自殺幇助は、

バーモント州

ニューメキシコ州

オレゴン州

ワシントン州

モンタナ州

上記の5つの州では合法とされています。

 

生命の問題で有るので、

しっかりと考えた上で、決議して欲しいですよね。

 

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“日本の法律とアメリカの法律は、全く別物です。引き続き安楽死の問題について語ります。” への2件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    クリント・イースト・ウッドが監督、出演した映画「ミリオンダラー・ベイビー」を思い出しました。
    イースト・ウッドが女子プロボクサーを育てるのですが、チャンピオンになれるその試合中に事故が・・・
    女の子は首から下が麻痺して、寝たきり状態になります。
    「こんな姿のまま生きていたくない!殺してくれ!」とイースト・ウッドに泣いて懇願します。
    そして、とうとう自分で舌を噛んで自殺未遂を・・・
    イースト・ウッドは決断して、筋弛緩剤を病院から盗んで・・・
    こうして書きながら、思い出して涙が出そうです。

    • すてきな おじさん より:

      JI-JIさん

      お疲れ様です^^
      イースト・ウッドは大好きです!
      「ダーティーハリー」が凄く面白くて♪
      それ以来、イースト・ウッド主演の映画は全て見てます^^

      でも、さすがに歳にはかなわないみたいですね・・・
      映画中の、「麻痺で首から下が動かない」・・・
      経験が有るだけに、悔し涙が出てきそうです・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ