~~~私があんしん生活で働き始めて~~~


スポンサードリンク


私は、強迫症状があることで一般就労が難しいです。

今までの仕事も車の運転をしないといけなくて、

人に接触して事故を起こしてしまうのではないかと

不安になり車に乗れなくなり退職しました。

そして就職活動をして、

あんしん生活に出会う事になりました。

7bae5f4122aa69f6d901c518256e2dc4_s

実はあんしん生活に通勤するのも緊張しています。

特に博多駅の混雑は苦手です。

朝夕の通勤時間帯を避けて通っています。

不安はありますが、私は毎日通勤を続けているのです。

それもあんしん生活に配慮をしてもらっているお陰です。

もうすぐ働き始めて1年が経とうとしています。

自分でもよく続いたなと思います。

30da0ea4118ab617b61da0a7924558be_s

これからも皆さんと一緒に少しでも長くあんしん生活で

働きたいです

どうかよろしくお願いします。

ペンネーム  てる


スポンサードリンク

“~~~私があんしん生活で働き始めて~~~” への5件のフィードバック

  1. メガネザル より:

    博多駅の混雑は私も苦手です。
    今日はぶつかって突き落とされるんじゃないか!
    なんて実は毎日が命がけ。
    お互い、気をつけて通勤しましょうね。

  2. ゆきうさ@祇園 より:

    てるさん、こんにちは。
    私も博多の混雑苦手です。
    私もあんしん生活でやっと仕事や環境が整いつつある一人です。

    私は聴覚過敏と広範性発達障害なので、無意識に音を拾いすぎて
    町中、教室、オフィスなどざわざわしたり、人の気配が多い所では思考が分散したり、集中力がなくなったり、
    最悪、気分が悪くなり、ものすごく疲れるので
    2~6時間以上そういった環境で働くことは今のところ困難です。

    強迫神経については、友人に一人そういう子がいるので、ご苦労お察しします。

    でも私や友人は、水でお皿を洗ってフキンでふくと、バイ菌がつく、という強迫観念などから抜けられない友人に対して
    「彼女の家にいったら、(こだわりがあるので)家事や掃除をやらないでいい。料理も片付けも彼女がやってくれる」

    と思ってつきあってます。

    ですので、そのこだわりが「便利、助かる」といわれる人や場所や仕事に出会って
    むしろうまく利用され、利用できるようになれたらお互いよいですね!

  3. JI-JI より:

    「てる」さん、毎日お疲れ様です!「てる」さんは、とても優しい性格なのでしょうね?私はいいを歳して、いつも自分の性格とこの口を心配しています。「人を傷つける言葉を吐かないか?吐いたのではではないか?」でも、こんな低次元の私も、「あんしん生活」で働く様になって少しづつ変わって来ました。私も、皆さんといつまでもここで働いていきたいので、こちらこそ宜しくお願いします!

  4. 彷徨うたぬき より:

    私は車の運転が苦手で、かつ閉所恐怖症の傾向があるのです。
    そのため、車の中にいること、運転することは苦手です。
    列車やバスなら不安がないのです。

    私も本格的な列車通勤は久しぶりです。
    博多駅の混雑は多少なれましたが、帰りの列車で疲れてしまいます。
    特に座れないときは大変です。

    列車での通勤に楽しみができるといいですね。
    博多駅のお店の観察もいいものですよ。

  5. 後藤 澄子 より:

     てるさん、おはようございます。

    通勤ラッシュは、それだけで疲れてしまいます。  博多駅の改札へと

    向かう階段は、とくに大勢が一斉に降りるので、吸い込まれそうな気が

    して苦手です。 わざと早めの電車に乗ってもやはり多いので、

    いちばん後ろの車両に乗り、ゆっくりゆっくり階段に向かっていました。

     強迫障害にずっと悩まされて、すごく辛かったですよね。 不安を

    感じながらでも毎日お仕事に来てくださるてるさんには、いつも感謝

    していました。 てるさんのやさしい笑顔を見て、わたしも和やかな

    気分になっていました。 優しい心をもっておられるなぁって思って

    いました。

     あんしん生活では職員をはじめ、みなさんが温かく見守ってください

    ます。 てるさんがこれからも『あんしん』して、楽しみながらお仕事が

    できるように祈っています。

     お話を聞かせてくださって、ありがとうございました。

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ