飛行中の落雷は!恐怖心を感じずにはいられません!


スポンサードリンク


宝くじに当たる確率より落ちる確率は低い」「毎日飛んでいるから大丈夫」とは思えないのです。

揺れる確率は100%ありますから、絶対に落ちない確率もゼロではありません。

飛行機が実際に落雷を受けても大丈夫なのかを検証しましょう。

飛行機

【落雷】

どうしても飛行機は雲や雨の中での雷を避けられるのは恐らく出来ないでしょう。

機首が雷を受けた場合には機内から光が走った途端、物凄い襲撃音が出ると言われます。

雲の中においては縦横無尽へと雷が飛び交かっているのだそうです。

【飛行機】

飛行機に落雷しても、金属で出来た機体で保護されている為に乗員、乗客は安全ではないでしょうか?

落雷によって飛行機の翼が損傷したりしますが、通信機器や計器類には影響はないでしょう。

飛行機が落雷を受ければ空港に到着した後で整備士に機体の点検を怠ってはいけません。

【飛行中】

飛行中で大気圏との摩擦が旅客機の機体によって静電気がある危険性も伴っているのではないでしょうか?

機体には、雷を受けてもダメージを最小限に抑えられる放電装置があるのです。

機体の静電気が溜まると雷を受けやすい、通信装置等への問題で静電放電装置が使われているのでしょう。

雷

雨の日は気流の変化が激しく風の影響から飛行機は離着陸時に大きな揺れを生じる可能性が見られます。

これらを踏まえると飛行機に容易く載っていられないのではないでしょうか?

ココをクリック

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ