障がいを持って生まれた人は、自分は障がい者ではなく、諦めこそが障がいだと言っている


スポンサードリンク


この記事を読んだ時に、凄く感動しました!

私も障がいで悩んでいますが、

この方の言葉で元気が出ました!!

是非、参考にして下さい。

以下、参照

a0960_006001

私は世間的には障害者ということになります。

でも、手足がないことで、

本当の障害

を取り除くことができました。

本当の障害とは、何だと思いますか?

それは、自分の人生に自分で限界を設定してしまうことです。

あるいは、

「これがお前の限界だ」

という他人からの言葉を、鵜呑みにしてしまうことです。

(ニック・ブイチチ)

a1490_000058
心にジ~ンときますよね・・・

両手両足が無い方の言葉なのです。

現在は結婚されて、お子さんもいらっしゃいます。

ずっと、幸せな家庭を築いて欲しいですね。
ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“障がいを持って生まれた人は、自分は障がい者ではなく、諦めこそが障がいだと言っている” への2件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    凄い言葉で、胸に響きました。
    「今日やろう、明日やろう。」と思いつつ人は死んで行くんですよね、何もやらないままに・・・。

  2. すてきな おじさん より:

    JI-JIさん

    少なくとも、私たちはあきらめてはいませんよね。

    自分から線を引くと、何も出来なくなります。

    私たちは、助け合いながら進むことができます。

    その点では、恵まれているのかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ