“誤植”で「スクラッチ宝くじ」が幻になってしまった。


スポンサードリンク


当選していた「スクラッチ宝くじ」が幻に終わったおじさん

 

当選していたのも関わらず、「宝くじ」が”誤植“していたとは、

何とも(不運)としか、言いようが無いのですが、

「宝くじ」でもこういう事態があり、

(起きるんだ)という事を改めて気付かされました。

a0002_012012

正に、(天国)から(地獄)へ突き落とされた感じです。

(可哀想)というか、何か(同情)してしまいます。

やはり「宝くじ」を購入する時は、

多少なりとも「当選してくれ」と願いながら、購入すると思うのです。

本当に(心臓)に悪いし、良い気を取り入れるか、お祓いでもして悪い運気を

取り覗かなければなりません。

又、不服を申し立てても、所詮、(具の骨頂)でしか、ありません。

a0002_009469

 

この思いは、(体験・経験)した人にしか、分からないと思うのです。

もし、これが、自分だとすれば、(ぞ~っと)します。

でも、もしかするとこれが「宝くじ」に当選するという

(前触れ・前兆)だとする考えがあれば、

(心)や(気持ち)の片隅にでも

「微かな光」が芽生えるのではないでしょうか。

物事を(明るい方向・プラス思考)に考えるか、捉えるのです。

 

(「宝くじ」が”誤植の記事)ココをクリック

 

仕事も退職したというこのおじさんの身になれば、

老後の余生に暮らそうとしたお金が、

(泡となって)消えてしまうのだから、何とも(悲劇的)な話です。

しかしこの(ニュース)を見れば、見る程、悲しくなってきます。


スポンサードリンク

““誤植”で「スクラッチ宝くじ」が幻になってしまった。” への6件のフィードバック

  1. すてきな おじさん より:

    「当たりのクジ売ってくれ」と言いながら購入してますが、
    未だに当たったことがありません。

    夢を買って、夢破れる・・・

    人生ってそんなものですよね・・・

    • 小さい 髭おじさん より:

      すてきな おじさんさん

      自分でもそう思うのですが、「クジ運」が悪い自分には、
      もう何でも「クジ」を引く前から、あきらめています。
      所詮、自分自身に自然と「クジ運」が悪いと暗示を掛けている様なものかも知れません。

  2. JI-JI より:

    いや~!もし私がこの本人なら・・・
    恐らく病んでしまって、暫くは未練タラタラでしょう。
    6000万円ですよ!
    私は良く、人の誕生日プレゼントに「宝くじ10枚」をあげます。
    結構、喜んでくれますよ。

    • 小さい 髭おじさん より:

      JI-JIさん

      誕生日プレゼントに「宝くじ10枚」ですか。
      良い事ですね。
      皆さんからそれは(喜ばれる)でしょう。
      自分も毎年実家のお袋から頼まれ(3000円の10枚のバラ)で、
      天神の宝クジ売り場に何回か、購入した事がありますが、
      未だに実家のお袋も当たった試がないようです。

  3. 人間万事塞翁が馬 より:

    実際に高額の当選した方の話を調べてみると、
    実際には当たらないほうが幸せかもと思います。

    • 小さい 髭おじさん より:

      人間万事塞翁が馬さん

      そう言う風に、考える(捉える)のが、
      「宝くじ」等は、一番良いかも知れません。
      何かの新聞か、ニュースで見たのですが、
      「高額当選」しても、逆に(人間不信)になったりしているのを見ていると、実際には、当たらない方が、
      (幸せなのかなあ)と考えてしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ