脳で作られた痛みとは?米国の研究で痛みを脳でコントロールできることが分かった!!


スポンサードリンク


お疲れ様です!

 

皆さんは、

痛みに対してどのように理解をしていますか?

 

痛いという認識は脳で作られているそうです。

 

痛みを感じた部分が「痛い」ではないのです。

 

怪我や病気による痛い情報が脳に伝わって、

全て脳内で処理されています。

 

つまり、脳内だけで痛みを感じるのです。

 

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

 

 

指先を怪我したら、もちろん指先が痛いですよね。

 

ですが、不思議なことに、

これも脳内だけで感じているという研究結果です。

 

納得できるような、できないような・・・

 

本当に、人間身体とは不思議なものですね。

 

ちなみに、その痛みは脳でコントロールできます。

 

痛覚で、脳に伝達されていても、

意識を他に向けることで、痛み感覚を無くすのです。

 

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

 

 

これは、理解しやすいことです。

 

実際に、私も頸椎や腰、1番痛いのは指先ですが、

仕事や趣味に没頭していると痛みが緩和されています。

 

ですが、四六時中激痛がある上に、

物に触れるだけで痛みが倍増してしまうのです。

 

ここまできら、コントロールではどうにもできません。

 

残るは、痛みに負けない「気合」です!

皆さんは、どのように痛みを耐えているのでしょう?

 

 

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“脳で作られた痛みとは?米国の研究で痛みを脳でコントロールできることが分かった!!” への3件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    私も、神経痛持ちで往生しています。
    寒い季節と、梅雨の季節。
    特に、痛さが倍増しますよね。
    痛みは、脳からの伝達なのですね・・・
    普段、大切なことでは頭が回らない、私の脳みそですが、痛みを伝える時だけは敏感になって・・・
    マジで、頭に来ます!(^_-)-☆

    • あんしん 生活 より:

      すてきなおじさんさん

      人間の感覚は、
      至る処において神経細胞(脳)と繋がっていますから、
      その痛さは計り知れない物があると思います。
      後はその痛さをどう乗り切っていくか。
      少しでも緩和出来る様に紛らわせる事が出来るか。

      小さい髭おじさんより

  2. 人間万事塞翁が馬 より:

    痛みは生きている証なのかもしれませんね。

    という痛めの思考^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ