精神障がい者のバスなどの割引。県によって温度差があると思います。


スポンサードリンク


私は精神障がい者で手帳を持っています。
精神障がい割引は、県によってかなり差があります。
特に私鉄やバスは割引する事業者がかなり違います。
福岡県では写真の北九州モノレール・甘木鉄道・平成筑豊鉄道がありますが、県内で一番大きい西鉄バスが割引ではありません。

佐賀県では昭和バス・祐徳バス、佐賀市営バスが割引、長崎県は離島以外の全バス路線と路面電車が割引でうらやましいです。

その一方で大分県や愛媛県などバスの割引が一切ないところも数多くあります。

割引自体は広島県で始まったとされています。
a0960_003657
本当はJRなども身体障害・知的障害と同じように割り引くよう国も指導しているようですが、「経営を圧迫する」と言う理由で、国としては改善になっていません。

障がい者は低所得の人が多いです。福祉サービスとして障がい者割引を切に望んでいるのですが、なかなか現実は厳しいものです。

身体障害や知的障害と差があることで「障・障対立」がうまれてきているのではないでしょうか。

ペンネーム:彷徨うたぬき


スポンサードリンク

“精神障がい者のバスなどの割引。県によって温度差があると思います。” への1件のフィードバック

  1. 人間万事塞翁が馬 より:

    手帳の適用範囲を広げて欲しいですね。
    携帯の通話料は半額なんですが、パケット代は適応外です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ