皆さんは、海外の映画鑑賞をすると、偶に「日本語字幕」のが、可笑しな「日本語」に聞こえてくる事はあるでしょうか。


スポンサードリンク


自分の趣味が、(ビデオ鑑賞)なのですが、「海外の映画観賞」をしていると、
何所が(不自然)で可笑しな日本語に聞こえるのか、全然(さっぱり)分からないのです。

 

良くもこんな海外の映画を集めてみたものだと感心します。

良く海外のセリフを聞いていれば、分かるのでしょうけど、

普段は、こんなに注意深く聞いた事がなく、

こういう海外のセリフを何回も繰り返して聞いていると、何か(不自然)な日本語というか、

そういう風に聞こえてくる事自体、可笑しいのです。

正直、少し(強引)に可笑しく聞こえる様にしたのか、

(疑問)に思えない事もないのですが、海外の映画をこんな風に面白・可笑しく聞いて、

(捉える)事が出来れば、(違う視点から)一層面白く観賞する事が出来るのではないか。

と、思う次第なのですがどうでしょうか。

そういう意味からしても、「海外の映画鑑賞」をすると、楽しみが増えるというものです。

しかし、これは、何回もそのセリフの部分を聞き回して、みないと殆ど分からないだろうと思われます。

ちょっと可笑しく聞こえてしまう所(場所)を、研ぎ澄まして聞かないと分からないし、

普段、何気無く(ビデオ)を観賞しているだけで、注意深く(観賞)するはずもありません。

だからこそ面白いのですが、こんなにもあるものなのだとは思いませんでしたし、

(海外のセリフ)等は、「聞けば聞く程、味が出る」と言いますが、

(聞けば聞く程、可笑しく聞こえる)事が、(海外の映画)にあるのではないでしょうか。

 

ペンネーム:小さい髭おじさん


スポンサードリンク

“皆さんは、海外の映画鑑賞をすると、偶に「日本語字幕」のが、可笑しな「日本語」に聞こえてくる事はあるでしょうか。” への4件のフィードバック

  1. ライダー1号 より:

    確かに外国映画のセリフが、ストーリーと全くつながりのない日本語に聞こえることは、自分でも時々あります。
    あれは笑えますよね。
    ただ、その手の空耳は、自分の場合 外国映画よりも洋楽を聞いている時が多いです。
    例えばダリル・ホール&ジョン・オーツの「マンイーター」を聴くと、歌いだし部分が、何度聞いても「俺 困らない~」と聞こえます。 

    • 小さい 髭おじさん より:

      ライダー1号さん

      そうですね。
      洋楽ですか、洋楽全盛の時は、自分も良く聴いていましたが、
      外国映画のセリフよりも良く聞いていれば、洋楽の方が、
      昔の洋楽を思い出せば、確かに
      (日本語に聞こえる)事が多いかも知れませんね。
      (ビートルズ・アバ・イーグルスに始まり、マイケル・ジャクソン)
      等になります。

  2. LIKE JONY より:

    私も映画は好きでDVDでよくみています。

    ただ、英語が日本語に聞こえるのはなかなかないです。

    タモリ倶楽部の空耳アワーは昔はよく見ていました(笑)。

    • 小さい 髭おじさん より:

      LIKE JONYさん

      昔は、自分の高校時代ぐらいから、
      両親に隠れてタモリ倶楽部(深夜番組)を良く見ていました。
      どちらかと言うと(深夜番組)が、面白かったのです。
      現在でも、日曜日の深夜ぐらいにタモリ倶楽部が復活したのを
      一回ぐらいは、拝見しましたが、何か(トーク番組)みたいになっていて、
      あまり、面白くありませんでした。
      やはり、世の中の(バブル経済)崩壊する前の(深夜番組)ぐらいが、
      一番面白かったです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ