海外のドッキリは、少し暴走してしまうという傾向にあります。


スポンサードリンク


日本におけるドッキリの流れとしては、仕掛け人が脅かすという根本的なものになります。
だから、視聴者側としては安心して見ていられる所もあるのではないでしょうか?
何故、海外のドッキリは、日本からすると少し困惑したものに為るのかを解明して行きましょう。

外人

【スケールと迫力】

海外のドッキリものは、日本とは比べられない程のレベルの違いが分かるでしょう。
海外において、リアル過ぎて少し度を越えたドッキリ感が表れているのではないでしょうか?
ドッキリにかける綿密さや企画でのスケール大きさが感じられてなりません。

【仕掛け人】

まず、海外では、反対に仕掛け人までもが騙されるという印象が見受けられます。
白いウサギの着ぐるみをきた仕掛け人が次々と騙して行きます。
何所にでも起こりうるドッキリになるはずだったのです。
そこには、大々的な仕掛けが仕組まれていたとは思いも寄らなかったのではないでしょうか?

異国の老婆

【老人】

仕掛けられる側の老人に普段通りに騙してみた所、考えもつかない出来事が起こったのです。
偶々お年寄りにドッキリを仕掛けてみると心臓発作で病院に運ばれたという緊急事態に陥入りました。
お年寄りの孫から電話で「亡くなった」と信じられない一言があったのは驚きを隠せないでしょう。

 

日本だと遺族の方々によるクレーム等を考えてみても、TVで放送されるのは難しいかも知れません。
これが、反対にドッキリだという何ともお騒がせな展開に発展してしまいました。
日本のドッキリだと、「そこまでやるのか」と逆切れされても可笑しくない内容ではないでしょうか?

ココをクリック

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ