欧州選抜代表に苦戦しながらも接戦を制した野球日本代表


スポンサードリンク


2015年3月10日(火)、東京ドームにて野球日本代表の試合がありました。
対戦相手は、欧州代表選抜チームです。

a0001_010178

サッカーなどでは格上となるヨーロッパですが、野球となると話は別です。
勝って当たり前という雰囲気は、日本代表メンバーにとって大きなプレッシャーになったでしょう。
レギュラーシーズン開幕前と言うこともあり、本調子と呼べるものでは決してありません。

2回表の攻撃で、欧州代表に先制点を許してしまいます。
さらに、4回表には守備の乱れも絡んで、0-3と大きくリードされました。

しかし、ここで、あっさり終わるような野球日本代表ではありません。
まず、4回裏にタイムリーで1点を返します。

そして、8回裏に2者連続四球からの連続タイムリーで4-3と逆転に成功します。

a1180_013607

特に、印象的だったのは、痛恨のエラーを喫した雄平選手(ヤクルト)の打撃です。
ここぞという場面で、しっかり結果を残してくれました。
勝ち越しの逆転タイムリーで汚名返上です。

最後は、小久保ジャパンの守護神、西野投手(オリックス)が、9回表をきっちり三者凡退で抑えて試合終了です。

もう少し、楽に勝てるかと予想していましたが、思った以上に欧州代表が健闘しました。
次のWBCでは、強敵として欧州地区の代表が、日本代表と対峙するかもしれません。
戦力が拮抗する中で、海外での野球の人気も広がっていくのではないでしょうか。

これからも、野球日本代表の活躍を、しっかり応援しましょう。

人間万事塞翁が馬


スポンサードリンク

“欧州選抜代表に苦戦しながらも接戦を制した野球日本代表” への7件のフィードバック

  1. メガネザル より:

    素晴らしい文章で、逆転したことを知らなかった
    私にもとてもわかりやすくて助かりました。
    中田の下から出るアッパースイングに、不安を覚える
    のは、私だけでしょうか?

    • あんしん 生活 より:

      人間万事塞翁が馬さん

      自分も野球が好きなので、
      野球中継を思わせる様な語りには感銘しました。
      すらすらと記事を読む事が出来ました。

      小さい髭おじさんより

  2. JI-JI より:

    松田のライト前ヒット、良かったです。
    小久保が監督ということもあって、今回はWBCも興味を持って観ています。
    打撃、守備、良い選手がそろっているし、小久保も堅い野球をするので、このチームは良い結果を出すと思います。

  3. 人間万事塞翁が馬 より:

    >メガネザルさん

    中田の長打に期待してましたが不発でしたね。
    まあ打線は水物ですから。

    意味のある代表戦だったと思います。

  4. 人間万事塞翁が馬 より:

    >小さい髭おじさん

    TV中継とか観てるといろいろインプットされます。
    後はそれをアウトプットするだけです。

    影響ですね。

    • あんしん 生活 より:

      人間万事塞翁が馬さん

      そうですか。
      自分もTVの野球中継を良く見ますが、
      そこまで「アウトプット」は出来ないです。
      良く詳細までにおいて試合を再現出来るのは、
      驚愕してしまいます。

      小さい髭おじさんより

  5. 人間万事塞翁が馬 より:

    >Ji-Jiさん

    日本代表最年長のマッチの活躍は良かったですね^^

    ホークス日本一連覇も頑張ってもらいたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ