日本人の最大の主食であるお米が肥満の原因と捉えられる事によって現状に危機感を抱く必要があるのです。


スポンサードリンク


米の糖分を(60%カット)する調理法を見つけたのですが、その代わりに

お米を再加熱してしまうと食中毒が発生するという(デメリット)が伴うのです。

 

日本人の主食である

お米自体に

最近は糖分が

多く含まれている事で

肥満の原因になっているという

考え方があるのです。

そこで、

(白米の糖分を60%もカット)出来る

調理法「椰子油(ココナッツ・ミルク)」を

発見したのですが、

その原則において椰子油の成分が

イネの耐性デンプン(レジスタントスターチ )の量を

増加させる作用があるらしいのです。

(レジスタントスターチ )自体により、

「温かいごはんを

冷ます事で現れる機能成分」

を作っているのです。

この成分には

ダイエット等に効果があり、

太りにくい体質へ変われる

可能性があるという事なのです。

お米

代表的な料理が

日本では

(タイカレーと呼ばれるタイ料理)

(グリーンカレー)になり、

この料理の中で

最も重要な事は

(冷凍保存12時間寝かさない)

いけないというものですが、

それには、

お米を(再加熱)してしまえば

「食中毒」が発生するという

データが現れているから、

大きなリスク(弊害)の

恐れもあります。

今まで通りに

(カロリーを摂取)するのか。

それより

(食中毒)の危険性を

考えながらも

カロリー・カットしない

といけないのか。

お米を主食としている

日本人が生きて行く上では

最大の選択に迫れているのかもしれません。

ココをクリック

自分として難波ともわれ

(カロリーを摂取)して行く方を

選びたいし、

わざわざ(食中毒)という

リスクまで伴ないながら

心配し悩んでまでの摂取は

仕度ありません。

皆さんは

どちらを選択しますでしょうか。

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ