挨拶から始まる1日


スポンサードリンク


今日は、気持ち的にとょっとブルーなことがありました。
自分のちょっとした一言が災難を招いてしまいました。
そこで振り返りと共に、1%チャレンジについての文章を綴りたいと思います。

 

今、現在、この職場には、ムードメーカーだった人がいなくなりなした。
だから、自分としては、雰囲気作りにいなくなった方は、気を使っていたと思います。
自分が毎日通うことになった職場です。

「社長の言葉ではない」のですが、楽しく仕事をすることが何よりも大切です。
そこには、個人個人に性格を尊重して、(健常者も障害者も)無いと思うのです。

職場は、何でも言い合える仲間だと自分では思っているのです。
障害者(精神等)その障害を理解して慰めるのではなく、
普通の健常者と同じ考え、同じ目線で接することだと思うのです。

 

ブレイク隊長1

 

 

 

 

 

 

 

そこで提案です。
学校ではないのですが、

何かの行事を行うというのはどうでしょうか。
(誕生日会・雑段会「同じ趣味を持った方」と話し合う(話合うことが大事だと思うのです)
「仕事帰りのコーヒーブレイクを30分設ける」等・・・

ただ、これは決して強制ではありません。

(お互いが話し合うことが大事なのです)お茶会というのも構わないのです。
帰りが早い方は、帰りが早い方でするということはどうでしょうか。
たとえば、金曜の仕事帰りに皆で集まり、集う会をする(何でもいいのです・仕事・人間関係・何か好きなことを話す。)

今、現在同じ職場の仲間と仕事の帰りにコーヒーブレイクをしています。
これを月に一回・二回でいいのです。(新しい仲間が入ったら歓迎会)
今の時代こういうコミニュケーションする若者やそういったことがなくなってきているような気がする。
(PCやスマホ)のメール等で済ます人が多くなってきていると思われるます。

 

 

最後に私の1%チャレンジについてです。
私のチャレンジは「挨拶」です。

自分は、挨拶が得意ではありません。

bureiku

 

 

 

 

 

 

挨拶は、一日の始まりだというのですが、(挨拶で始まり、挨拶で終わる)というだそうです。
今までの会社では、サービス業だったのですが、その職場では、
(声が小さい・相手に聞こえるように・相手の目を見て挨拶する等)先輩等から言われ続けていました。
自分自身では、挨拶したつもりでも、相手には聞こえていないということがありました。

職場では、とにかく相手の目を見て無理をして大きな声を腹の底から声を縛りだしていました。
本来、自分は、小心者のあがり症であり、その上、人見知りな所があるのです。
だから「挨拶」となると苦痛で苦痛で溜まりませんでした。

しかし、「挨拶」は、人間関係においてとても重要・大事であるということを教えられてきました。
重要・大事であることは分かっているのですが、出来ないのです。
どうすれば、毎日の「挨拶」が出来るようになるのでしょうか。
そういったことを自分なりに悩んでいます。

それは、自分なりに無理をする必要はなく、
自然体において少しずつでもいいから自分なりに「挨拶」をして行くというものです。
「挨拶」というもは、構えるものではなく、できるだけ、自然に行うものだと思うのです。
だから、少しでも、声えを出して「挨拶」だけは、するように心掛て行きたいと思いっています。

朝のミーティングみたいに声を絞り出しす訓練をして行きたいです。

 

ペンネーム☆ブレイク隊長


スポンサードリンク

“挨拶から始まる1日” への6件のフィードバック

  1. 木藤勝則 より:

    確かに、同じ職場の仲間で話すことは大切です。

    その点では月に1度のコーヒーブレイクも良いですね!

    もっと気が合う同僚がいるかもしれません。

    挨拶は、社会人の基本ともいえますね。

    スポーツは礼に始まり、礼で終わります。

    仕事は挨拶で始まり、挨拶で終わりますよね。

    当たり前のことのようですが、気付けない人もいるのです。

    毎日、挨拶を交わしましょう^^

  2. 自然大好き より:

    挨拶はとても大切だと思います。

    知らない人でも「おはようございます」「こんにちは」「こんばんわ」等、挨拶をされると嬉しいものです。

    まずは、近くにいる人から挨拶をするようにしてはどうでしょうか?

    自分の席に座ったら、隣にいる人に小さい声でもいいので挨拶をする。

    そこから、コミュニケーションも生まれてきます。

    まずは、身近なところから、焦らずコツコツとですね^^

  3. 大生信一郎 より:

    コーヒーブレイクより私は「生ビール」の方が良いですね~(笑)。いくら大きい病気をしても、私の酒好きは治りません・・・トホホ(涙)。挨拶をされて「ムカッ」とする人はいません。余り考え過ぎずに、毎日元気に挨拶したら良いと思います。一日の始まりも終わりも、スッキリ挨拶すれば自分の心がスッキリしますよ。

  4. 長尾 和輝 より:

    僕はビールは飲めないので、酎ハイか焼酎でお願いします!
    僕も挨拶しても声が小さいので出来るだけ声を出そうと思いました。

  5. 後藤 澄子 より:

     ブレイク隊長さん、こんにちは。

    コーヒーブレイクはわたしも賛成です。

    おっしゃる通り、コミュニケーションを取るには会話も必要ですよね。

    会話をする事で打ち解けたり、絆を深めたり、誤解もとけたりします。

      無理のない方法で、気軽に参加できる場を設けられるといいですね。

    その際は、わたしでできることがあれば協力させてもらいたいので、

    遠慮なく言ってくださいね。 雑用でも何でもどうぞ♪

      あいさつ運動にも積極的に参加します。

    コミュニケーションにはあいさつも必要です。  うちの子どもたちには

    小さい頃から教えています。  思春期になって、私のいないところで

    きちんとできているかわかりませんが・・・

      今後も思いやりのある、気持ちのいい職場でありつづけるよう、

    お手伝いさせてくださいね。

      いつも、ありがとうございます♪

  6. 福盛俊明 より:

    ちょっとした会話で心が和むってあると思います。
    酒で和むのであれば嬉しいでしょう。
    飲み会って大切ですね。
    またいつかお願いします。
    人間の基本は挨拶と考えています。
    挨拶して損することはないのですから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ