宮崎駿監督は、屋久島や海外の遺跡、海岸などを探索して作品を作っていました!さらに神秘的な国の景色を発見!!


スポンサードリンク


 

お疲れ様です!

皆さんも、

宮崎駿監督の作品は、

見たことありますよね?

お気に入りは、

風の谷のナウシカ

天空の城ラピュタ

色々あります。

中でも印象的なのが、

その独特の世界観であり、

風景画にこだわりがります。

a1180_016799

そこで、

実際に神秘的な景色を、

調べてみました。

特に、

ルーマニアの景色は凄いですよ!

まさに、絶景ですね♪

ルーマニアは、

国土のほとんどが山岳地帯です。

険しい山が多く、

開拓されていません。

その絶景をご覧ください。

「神秘的な風景」←クリック
いかがでしたか?

ドラキュラ城もありましたが、

本当は自然豊かなのですよ!

ドラキュラ伯爵は、

ワラキア伯爵のことです。

ウラド3世です・・・

吸血はしませんでしたが、

戦争時に、捕虜をとらえては、

城門の周りに、

捕虜を串刺しにしていたのです。

そのことから、

血に飢えた王様と、

呼ばれるようになりました。

こうして、ドラキュラ伯爵の

モチーフになったのです!

世界は知られざることが多ですよね!

 

 

 

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“宮崎駿監督は、屋久島や海外の遺跡、海岸などを探索して作品を作っていました!さらに神秘的な国の景色を発見!!” への3件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    子供の頃、テレビでドラキュラ映画を観て衝撃を受け、以来ドラキュラ映画は好きで良く観ています。
    あれだけ不気味なドラキュラが、十字架と太陽には弱いという、キリストを崇めたストーリーが面白いです。

    • あんしん 生活 より:

      すてきなおじさんさん

      ドラキュラの洋画とかは、偶に見た事がありますが、
      面白かった様な印象が残っています。
      しかし、宮崎監督のジプリも宮崎ワールドにおいて一時人気になりましたが、
      宮崎監督が年齢的な面もあり、一線を退いた事は自分としてちょっと寂しい気がしてなりません。

      小さい髭おじさんより

  2. 人間万事塞翁が馬 より:

    記事作成の仕事に活かせるようになるべくアンテナを伸ばしています。
    ヒントはそこら辺に落ちているでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ