地上と同じ様な生活が出来るのに36兆円もの費用がかる。


スポンサードリンク


SF映画を思わせるものを実際に製造すれば!

 

宇宙では遠心力で

重力等を生み出す事によって

地上と差ほど変わらない程度の

環境で日常生活を送れます。

SF映画の様な

(宇宙ステーション)を製造・開発すると

余りにも莫大な費用が掛かる恐れがあり

例えば、キノコ型の

(宇宙ステーション)開発を考えると

1分間に4回転する重力を生み出せば

地上と同じ環境が作れるのです。

宇宙

(宇宙ステーション)を製造する過程において

(30年くらい)年月が架かかってくる上に

費用の方も(36兆円)という莫大な資金が

必要になってくるのです。

現代では考えられない様な

「予算と月日」を考えると

不可能に近いわけなのです。

又、(30年)もかければ

もう次の技術の進歩が出来上がっている状態です。

ココをクリック

そこでもう少し費用を抑える為に

実験的による小型化した

(宇宙ステーション)

可能かも知れないですが、

結局は、

不可能に近いものだと

感じずにはいられないでしょう。

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ