サッカーの傑作シーンを集めた非常に面白い出来栄えに感動を覚えた。


スポンサードリンク


「サッカー」のプレー中の(失敗・NG)を集めた最も面白くて笑える動画。

 

自分も高校時代の体育授業でちょっと同じように、

情けない出来事があり、最も恥ずかしかった事が思い出に残っています。

自分が如何に(運動神経)がないのか、思い知らされました。

それは、サッカーにおいて重要な「パス」の練習をしていた時、

友達が蹴った(ボール)が自分の丁度顔面に当たり、

顔面が真っ赤になって「鼻血」が出た上に、

ボールが顔面に当たった衝撃で、(前歯が2本)折れてしまったのです。

友達や皆は、心配してくれたのですが実に滑稽でもあり、(その場)を逃げたい状況でした。

しかし、高校時代の中で一番の思い出として、自分の記憶の中に今も残っています。

又、幾ら、(プロのサッカー選手)でも、

やってはいけない(チンケな行動)が起こってしまうのだと思いました。

何かのTVにおいて拝見のですが、(サッカーの神様)と言われる「ペレ」でも、

自分の才能というのも(数パーセント)でしかなくて、

小さい失敗を繰り返しながら殆ど自分の努力や「カバー」で、

足りない(箇所を補ってきた)ものだそうです。

これは、(偶々、プロ野球選手のイチローによる手記・自伝)

を(本屋さん)で立ち読みしていると、

そういう様な(手記)が書かれていたと記憶しています。

そして(世界の王・長島)も結局は、「努力の結果」で、

ここまで登り詰める事が出来たらしいのです。

只、「サッカー」は(ボール)を使用するだけで出来る事が、

「世界のスポーツ」だと言わざるを得ないと思われます。

特に「男子サッカー」においては、やはり、「世界の差」が、

歴然とあり、去年の「ワールドカツプ」を拝見すると、

サッカー王国の「ブラジル」戦では、

全然、相手にされない様な試合になったのは、未だ記憶に新しい所だと思います。

解説者が、まだまだ「世界の壁」は、

(厚い・遠い)事を実感しましたのだと言われていました。

それもそのはずと思うのは、「ブラジル」でも、小さい頃から、(英才教育)を受けて、

その中から、「サッカーのエリート集団」を作って行くし、

「サッカー選手」になる為の(環境・待遇面)において

ブラジル等は、最も整っているのではないでしょうか。

そのサッカー王国のブラジルにおいて「力・技量」は及ばないし、

「力・技量」の差が少しでも縮められる様に願っているのです。

 

ペンメーム:小さい髭おじさん


スポンサードリンク

“サッカーの傑作シーンを集めた非常に面白い出来栄えに感動を覚えた。” への4件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    私も球児だった頃、打球を顔面に受けて、鼻血が噴出し往生しました。
    現在でも、鼻が曲がっています。
    サッカーは、貧乏な国だからこそ強いのですよ。
    野球と違って、道具がいりません。
    ボール1つあれば、22人が遊べます。
    街のそこら中で子供たちが、はだしでボールを蹴って遊んでいる姿がテレビに映されますね。

    • 小さい 髭おじさん より:

      I-JIさん

      そうですか。
      知らなかったです。
      サッカーは、
      特に貧乏(貧困の差)が激しい国で生まれるスポーツだと自分も思います。
      そう言えば、そうですよね。
      良く、TVのドキュメンタリー何かで、
      ホームレスの子供達が、ボールを蹴って遊んでいる姿を
      見かけます。

  2. LIKE JONY より:

    私もサッカーが大好きでよく見ています。

    W杯でブラジルがドイツに7-1で負けた時はショックを受けました。

    あるサッカーライターが、これを見た若い子は、

    もはやサッカー王国ブラジルとは思わず、ヨーロッパが中心だと

    思うだろうと言っていました。

    まだ、ブラジルが世界トップランクであることは間違いないですが、

    ドイツなどのヨーロッパがクラブチームも含めて強くなったのは、

    間違いないです。

    • 小さい 髭おじさん より:

      LIKE JONY さん

      そうですね。
      ドイツなどのヨーロッパがクラブチームも含めて強くなり、(サッカー王国ブラジル)のレベル(実力)に近付きつつあるのは 間違いないと自分も思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ