ギブアップしてはいけない


スポンサードリンク


亡くなった人は埼玉県出身で大のジャイアンツファンでした。

 

しかしここは福岡県、ホークスファンの多い地域です。

 

私もホークスが福岡に着てからずっとファンです。

ホークスとジャイアンツ、直接対戦するのは交流戦のときだけですが、

よその町で応援するのは難しいと思います。

 

周りに同士がいないことはさびしいのではないでしょうか?

私がよその町でホークスを応援するとなるとしても、同じようなものだと思います。

選手もいつも言いたいことが言えるかというと、そうではありません。

 

希望の球団に入れるとは限りませんし、監督の言うことに逆らうこともできません。

 

自分に非がないのに文句を言われることも多いでしょう。

しかし、世の中は自分の思い通りにならないからといって、

いい加減に物事をしたり、環境のせいにしたりして愚痴を言うなどは許されないことです。

 

また、逆に環境が自分の望ものでないとしてもその中で信念を貫くのは重要なことといえます。

ホークスの世界の中にいてジャイアンツを応援する、

監督と考えが違ってもきちんと仕事をするなど、大切にしなければならないのが信念です。

 

33431501

 

 

 

 

 

 

私はうつ病で、精神的に落ち着かなくなったり、

体がだるくなったりすることが多いです。

 

また、難しい内容や、ネタが出尽くしてしまった状況で文章を書くのはどうしてもつらいです。

 

できる仕事とそうでないものの差が激しいのです。

 

しかし、会社にいる以上、いい加減ではいけません。

 

命題はきちんと処理するのが当然だからです。

いかにしてギブアップしないようにするかが難しいですが、

言い訳をしたり逃げたりしないことは大切です。

亡くなった人も殆ど休まなかっただけに見習いたいです。

ペンネーム☆ 分け入っても分け入っても青い山

 


スポンサードリンク

“ギブアップしてはいけない” への6件のフィードバック

  1. 大生信一郎 より:

    今の、私の体からは想像もできないと思いますが、小学校3年生の時からリトルリーグで硬式野球を始めて、高校2年を中退するまで野球部に所属していました。32年経った今、野球を辞めたことを後悔しています。私の同期生は、見事に選抜甲子園大会に出場しました。せっかく親から人一倍丈夫な体を貰いながら、全部自分の不注意で人生棒に振ってきました。極めつけの親不孝者です。「心配をかけない人生を送ろう」と今は思っています。私が仕事に通っている・・と云うだけで、周りの誰もが喜んでくれています。自分を支えてくれる家族、会社に対して恩返しするために、仕事を精一杯頑張る覚悟でいます。

  2. カムラック 福田 より:

    >しかし、世の中は自分の思い通りにならないからといって、
    >いい加減に物事をしたり、環境のせいにしたりして愚痴を言うなどは許されないことです。
    >また、逆に環境が自分の望ものでないとしてもその中で信念を貫くのは重要なことといえます。
    >監督と考えが違ってもきちんと仕事をするなど、大切にしなければならないのが信念です。

    最近、いろいろとありまして、本当にその通りだと思いました。障がいがあるからといって、決して甘えてはいけないと思いますし、社会人としての最低限のルールを守れない人間は会社で仕事をする以前の問題だと思います。

    グループ会社 カムラックでデザインなどをやっております福田でした。今後、何か交流等あればいいですね。^^

  3. 長尾 和輝 より:

    日によって体がだるくなったり、どうしても動けない時ってありますよね。
    文章を書くのが捗らない時があるのも凄く分かります!

    ゆっくりマイペースでいきたいものですね : )

  4. 後藤 澄子 より:

    分け入っても分け入っても青い山さん、こんにちは。

     わたしもお気持ちはよくわかります。 経験がないわたしを採用して

    くださったこの会社に一日でも早く貢献したいと思っています。

     でも、焦ると前が見えなくなり、行き詰まってしまうので、ゆっくりと

    無理のないペースで進みたいと思っています。

     この仕事をわたしの生涯の仕事にしたいからです。

     青い山さん、いつもありがとうございます。 ご自分のペースで

    お仕事をなっさってくださいね。

     これからもよろしくお願いします。

  5. 津田 康 より:

    仕事で煮詰まったり、よくありますよね。
    そんな時こそチームプレーなのかも知れません。
    ヒントは意外なところに落っこちていると思います。

    ギブアップしないようにペース配分していきたいです。

  6. 坂本典子 より:

    物心付いた時からジャイアンツファンで、今は地元愛でホークス寄りな私

    亡くなられたあの人とも、とても話が合っていました。

    誰だっていつも完璧に仕事をこなしたいと思っていますよね。

    でもそんなに上手くいかないのが人生です。

    どうしても仕事がはかどらないときは、無理をしないで少し休憩するだけで

    頭がリフレッシュできるものです。

    これからの季節は暑いけど、気分転換に風に当たるには良いですから

    深呼吸しに外に出てみるのもいいですよ。

    空を見上げて、飛行機雲をみつけたりすると幸せですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ