まだまだ世間も捨てたものではない!視覚障がい者に向け新しい技術が開発されている!!


スポンサードリンク


お疲れ様です!

今回は視覚障がい者向けのニュースです。

茨城県に有る国土地理院が、

指で触って読み取れる地図

を開発しました!

この技術は、既に他国で用いられています。

3Dプリンターの技術を使って、

立体の地図や本を製造しているのです!

視覚障がい者:3D地図←クリック

個人的に言えば、

この技術と、静電気を感知できる技術、

スマホなどは、触って操作できますよね。

立体地図を触ると、場所を音声で教えてくれる。

そんな高度な技術も必要になると思います。

7cea61262d8cb426041649c7f0c255d0_s

簡単に言えば、

触るだけナビゲーション

そんな素敵な機器が誕生して欲しいのです。

確かに、視覚障がい者にも良い技術ですが、

高齢者にも扱えたら良いな~・・・とか・・・

いずれは誕生するかもしれませんね!!

 

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“まだまだ世間も捨てたものではない!視覚障がい者に向け新しい技術が開発されている!!” への4件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    は~っ、なるほどですね!
    3Dプリンターも、このように使われれば良いですね!
    どこぞの「アホ」が、おもちゃみたいな拳銃作っていた、悪い印象しか持っていなかったので、これは良いアイデアですね。
    健常者も障害者も、皆が科学の素晴らしい技術で、隔たりがない世の中になれば良いです。

    • すてきな おじさん より:

      JI-JIさん

      現代技術だからこそ可能なんですよね。
      障がい者を助けてくれる技術を開発する人って尊敬できます^^

  2. 人間万事塞翁が馬 より:

    非現実的なことが現実化する世界。

    未来ですね。

    今後の進化に期待してます。

    • すてきな おじさん より:

      人間万事塞翁が馬さん

      文明が高度になるに連れ、技術も思考も進化を続けています。
      なのに、争いがおさまらないのは進歩無しですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ