(貴重な文化遺産)でもある仏像に不思議な現象が起こり、少し気色が悪い感じがしました。


スポンサードリンク


仏像の中のお宝を発見する為に、
仏像に「CTスキャン」を掛けて見ると驚愕する程してしまう物を発見した。

 

これは、

本物の「仏」に違いはないのだが

そんな仏像の中には

非常に貴重な宝物が

眠っている(隠れている)

状況が良くあるそうなんです。

それを取り出すには

最悪にも仏像を

破壊しなければならない様な

現状しか考えられないのです。

仏像

(貴重な文化遺産)を無残にも

破損させてしまうのは

非常に危険な行為と

思われてならなりません。

そんな場合

人間にも用いられる

「CTスキャン」という最先端の技術が

利用される様なのです。

最終的において

仏像の内部を見られるのも

「可能だ」という事です。

それも1000年前の仏像の中を

調べると

内部の中は

お宝ではなく

「人骨」らしき物

写っていました。

これは、(肋骨)を

仏像の中に通している様に

見受けられますが、

ココをクリック

実際は、

(ミイラ)になった上に

仏像の彫刻が覆われて

彫られている状態が

伺えられます。

何とも不気味で

奇妙な物体というか仏像です。

 

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ