【福博かわら版】 福岡出身の日本画家と彫刻家の「福岡の日本画と彫刻」展


スポンサードリンク


福岡出身の優れた作家の日本画と彫刻の展覧会が県立美術館(中央区天神)で開催中。
福岡の近代美術の中の日本画と彫刻の優秀な作家にスポットを当てている。

独自の作風スタイルで国際的に活躍している「豊福知徳」や「富田渓仙」、
戦後の福岡で活動した「上田宇三郎」や彫刻では冨永朝堂や師匠の「山崎朝雲」ら

福岡県立美術館の多くの収蔵品の中から選ばれた80点が展示されている。

「洋画とは違う日本画と彫刻のうっとりとさせる美しさ」を味わってみてはいかが。

料金は一般210円、高大学生140円、小中学生60円、開館時間は10:00~17:30

この企画は、福岡県立美術館の開館30周年を記念して6月7日(日)まで開かれている。

興味のある方は下記福岡県立美術館のホームページクリックをどうぞ。kh

http://fukuoka-kenbi.jp/access

 

福岡県立美術館


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ