【福博かわら版】福岡市天神のど真ん中に空港型免税店がオープン


スポンサードリンク


2016年4月1日オープン予定で三越伊勢丹ホールディングスと福岡空港ビルディングと西日本鉄道の3社による合併会社「福岡デユーティ フリー(仮称)」を設立し、福岡三越の館内に市中空港型の免税店を出店すると6月3日に発表した。

福岡三越の9階に市中空港型免税店「FUKUOKA DUTY FREE SHOP」を展開し、ラグジュアリーブランドを中心にファッションアイテム     から時計、宝飾品、化粧品、食品、酒、煙草、雑貨等を販売する予定。

福岡空港および博多港の外国人入国者数は増加傾向にあり、出国する日本人と外国人の旅行者の新たな消費を促すことが狙い。

2014年の7月に三越伊勢丹ホールディングスは、日本空港ビルディングと成田国際空港とNAAリテイリングの4社で従来の空港内免税店   に加えて市中において空港型の免税店を展開する目的の合併会社を設立すると発表しており今年度中に沖縄を除いて国内初の市中空港型免税店「JAPAN DUTY FREE GINZA」が福岡に先行して東京・三越銀座8階にオープンする。

市中空港型免税店のメリットは時間を気にせずに余裕をもって買い物を楽しめる。  kh

福岡三越


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ