【福博かわら版】県庁最上階が全面改装されて県民の集う場に


スポンサードリンク


博多区東公園の福岡県庁舎最上階(11階)の物産観光展示室が全面改装。
展示室は1981年の県舎庁完成時から県内の伝統工芸品などを展示してきた。

県民の作品を紹介・展示する企画展示コーナーや演奏会などが可能なミニステージに
セミナー用の多目的ルームなどを新設した。
県産の食材を使った料理を食べることができるカフェも登場。

展示室はガラス張りになっていて博多湾や福岡空港などを一望にできる。

企画展示コーナーでは第一弾として布や綿を使った飾りを立体的に表現する久留米の
伝統工芸「おきあげ」の展示会を5月末まで開催している。
歌舞伎や浮世絵をテーマにした約80点を陳列している。

またカフェでは福岡県産の米や野菜にこだわったメニューを中心に提供。
営業時間は08:30~17:15まで。

他にも博多山笠などを表した博多織のタペストリー(縦2.65m横2m)も一新されて展示。
国や県指定の伝統工芸品約100点を紹介するコーナー「てしごとんねる」も登場。

利用は無料で「気軽に、利用してほしいと」県観光・物産振興課は述べている。

お問い合わせは福岡県観光・物産振興課 092(643)3419まで

興味のある方は、この機会に是非足を運んでみては?
アクセスは福岡市営地下鉄貝塚線馬出九大病院前下車・2番6番出口から徒歩約5分
JR鹿児島本線吉塚駅下車徒歩8分 西鉄バス 県庁前バス停から徒歩1分

 

福岡県ホームページ→ http://www.pref.fukuoka.lg.jp/   kh

福岡県庁舎


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ