【福博かわら版】ご存知ですか筥崎宮・蚤の市(骨董市)を


スポンサードリンク


福岡市東区箱崎の筥崎八幡宮の参道を使って西日本最大規模の骨董市が開かれる。
アンティーク品から古着、骨董品などを販売する露店が毎回200店舗ほど並ぶ。
勿論、値引き交渉OKで、あなたの腕次第。いや、口次第だ。
運が良ければ掘り出し物と出会えるかも。ワクワクものだ。

箱崎宮鳥居と蚤の市

筥崎八幡宮大鳥居と骨董市の様子

場所は、福岡市東区箱崎1-22-1(箱崎宮参道)

福岡市営地下鉄箱崎線の「箱崎宮前駅」下車スグ
JRだと鹿児島本線「箱崎駅」下車徒歩5分

朝9:00~午後3:00まで開催されているので興味のある方は足を運んでみては。
開催日等は下記ホームページで確認をしてから(3月は21日/土祝日、4月は26日/日に開催)。

主催者ホームページアドレス→http://www.kottouichi.jp/hakozaki.htm
帰りには、筥崎八幡宮に参拝するのを忘れずに。行きがいいかも?

ここで、箱崎八幡宮について触れておく。
初詣に正月の玉取祭(たませせり)、秋の放生会(博多三大祭り)で有名な八幡宮。
宇佐、石清水とともに日本三大八幡宮のひとつ。

鎌倉時代に蒙古軍の軍船が博多湾に襲来(元寇の役)する。
しかし、この時戦勝を祈願すると大風(神風)が吹き蒙古軍の軍船は海のもくずと消え去る。
このことから厄除け、勝運(受験)の神様としても知られている。
楼門には醍醐天皇の筆による「敵国降状」の額が掲げられている。kh


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ