【福博かわら版】「グラッ!」ときた あの日から10年が過ぎました


スポンサードリンク


今から10年前の2005年3月20日午前10時53分にM7直下型地震が起きました。
震源地は福岡市北西玄界灘の直下型地震で福岡市や佐賀県南部で震度6弱を記録。
地震が発生したのが日曜日の午前中で、死者1名、負傷者1038名を出しています。
福岡市西区の玄海島では多くの住宅が全半壊し一時期全島避難を強いられました。

福岡市は本日(2015年3月20日)忘れかけている震災を振り返り防災を考える為。
下記の「福岡県西方沖地震から10年」福岡市の防災特設WebサイトURL」を公開。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/seihouoki10/

福岡に住んでいない人は、福岡は地震に無関係な街だと認識されているようです。
福岡市には警固断層が走り刺激を受けた断層は又地震を起こすと言われています。
その確率を30年以内に30%~40%という見解が出ています。
警固断層は、博多湾の北、玄海島の北西から志賀島を通り中央区の警固を縦断。

忘れかけている防災意識を思い出して備えることが大事な時期にきたようです。

kh

★福岡西方沖地震

 

 


スポンサードリンク

“【福博かわら版】「グラッ!」ときた あの日から10年が過ぎました” への2件のフィードバック

  1. 人間万事塞翁が馬 より:

    記憶は生々しく。
    確か一年後くらいに余震もありましたね。
    備えたいと思います。

  2. JI-JI より:

    あれから10年なるんですね・・・
    もう記憶から薄れていました。
    「備えあれば、憂いなし」
    ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ