『未だ、明確に解らない病』


スポンサードリンク


私の病が襲ってきたのは、かれこれ17年前の夏頃に現れました。

その時は、これからの自分自身への”を叶える為に自動車の専門学校に通っていました。

実習作業中、今までにない手の震えを感じました。

その後は、就職してから今に至り20回近く入院して来ています。

外来での治療は、20回以上しています。

c2207037a011e694663395652d71b653_s

それ以前にも、2歳の頃から中学生時代まで『てんかん』と言われた事もありました。

でも、子供の頃の病名は、原因不明となったまま閉ざされています。

私の病気は、難病として国からの補助金により医療費が掛かっていません。

しかし、医療費が掛からない事は嬉しいですが、19歳で発症した病気に関しては今でも原因不明です。

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

現在の病名は『多発性硬化症+末梢神経障害』と表向きになっています。

その中で、実際に医者から告げられた病名は多発性硬化症(MS)

慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)シャルコ・マリー・トゥース病(CMT)

いった様々な病気と関わっています。

未だに何ヶ月か置きに中枢か末梢神経に発症していますので、詳しく知りたい方は検索してみて下さい。

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

私みたいな症状が至る所で多数出て来ているみたいです。

しかし、この病気に対しての研究は進んでいるみたいですけど、結果は3、4年後ぐらいになるそうです。

ホントに『なぜ、私を選んだの?』・・・。

現在たくさんの苦悩と戦っています。

でも、病気に負けて入られませんので、一生懸命に 仕事頑張っています。

 

ペンネーム・・・元サービスエンジニア


スポンサードリンク

“『未だ、明確に解らない病』” への4件のフィードバック

  1. メガネザル より:

    医者はなかなか治せない病気をいつでも

    「難病」にしてしまいますね。

    私も実は子供の頃から

    「てんかん」持ちです。

    お互いいろいろ大変ですが

    頑張っていきましょうね。

  2. JI-JI より:

    いつも、お仕事お疲れ様です!「元サービスエンジニア」さん、子供の頃から厄介な病気と闘って来られているんですね。「病気に負けないで、仕事を頑張っています。」と云う言葉にとても重みを感じました。現在の医学の進歩は、目覚しいものがあります。自分のやる気を信じて、良い風が吹く日を待っていれば必ず報われる時が来ると思います。陰ながら応援しています。

  3. 自然大好き より:

    元サービスエンジニアさんへ

    お仕事頑張っておられる姿を知っているだけに、あんまり頑張りすぎないでねと思っております。

    まずは、自分の体を大切に。

    私も陰ながら応援しています。

  4. 後藤 澄子 より:

     元サービスエンジニアさん、お疲れさまです。

     いつもまじめにお仕事をなさっているエンジニアさんを

    わたしもいつまでも応援しています。

     あなたが周りの人たちを想うように、周りの人たちもまた

    あなたのことを想ってくれています。 わたしもそのうちの

    一人です。

     エンジニアさんが頑張りすぎるぐらいの頑張りやさんだという

    ことを知っています。 病気に負けないで頑張っている姿を見て

    わたしも負けていられないと思いました。

     お互い自分のために、楽しくお仕事をしていきましょうね。

     お話聞かせてくれて、ありがとうございました。
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ