「高級感」がある(果物のメロン)等、余り口に出来ないから食べたくても非常に食べたいとは思いません。


スポンサードリンク


海外の方にとって(メロン1個)が何故「高額の金額」になるのかが不思議で溜まらない事でしょう。

 

昔から「メロン」というのは、

果物の中でも

高級なイメージがあって

(裕福な家庭)の人が食べられ、

庶民の方々にとっては

中々食べれない状況の果物でした。

その中で(メロン自体)

(ランク付け)があるらしいのです。

「白 5,000~7,000円前後

山 8,000~10,000円前後

富士 15,000円以上」

メロン

最も値段が高くて

「希少価値」があるのは

(富士)という(高級メロン)です。

特に外国人にして見れば、

若干(困窮される様な)果物に

捉えられても

仕方ありません。

ココをクリック

 

小さい髭おじさん


スポンサードリンク

“「高級感」がある(果物のメロン)等、余り口に出来ないから食べたくても非常に食べたいとは思いません。” への2件のフィードバック

  1. 人間万事塞翁が馬 より:

    未だにメロンに生ハムを乗せる意味がわかりません。

    • あんしん 生活 より:

      人間万事塞翁が馬さん

      メロンに生ハムを乗せるんですか。

      自分も余りそういう事はしたことがない
      というか、体験したことがないので、
      そういう食べ方がある事も知れませんでした。
      (どんな味覚・味がされるのでしょうか。)

      「メロン」と「生ハム」は、合うのでしょうか。

      小さい髭おじさんより

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ