「美味しい!と絶賛されるお店が繁盛するのは当たり前!美味しくないお店の魅力はある?」


スポンサードリンク


こんにちはw

さて、今日は美味しい食事ではなく、美味しくないお店について語ります。

通常ならば、「美味しいお店」と聞くと行きたくなりますよね。

しかし!「美味しくない」と聞くとチャレンジ精神が芽生えるのです(笑)

「どれくらい美味しくないんだ!食らおうではないか!」

独りでは品評にならないので、3人の勇者を集めました。

そうは言っても、ただの道連れなんですけどw

こうして一行は福岡県内に有る某居酒屋に出発!

1時間半の長い道のりを経て、目的地に到着したのです。

a0002_010262

店の雰囲気は、和風な感じでしっくり来ています。

客も多く繁盛しているみたいでした。

「あれ?店間違ったかな?」

そう思いつつも、集った勇者たちがメニューをオーダーしました。

しかし、頼んだ物が来ると何かしら嫌な予感がします。

串焼きのししゃもが黒い!

見た目でヤバいけど、とりあえず食らう!!

じゃんけんで勝利した者が一番焦げたのを食べれます。

見事に私が一番になりました!運が良い・・・?

手がプルプルしながらも食べる・・・”ジャリジャリ”と音が鳴る・・・

しかも異常に苦い!!

a0002_011593

燻製?いや、それどころではない。

もはや炭素化しているのです・・・

うぅ・・・予想以上に辛いスタートでした。

続いて、バラ串にチャレンジすることに・・・

噛り付くと、硬い!しかも串から外れない。

肝ズリも焼き過ぎたのか、異常に小さいのです。

こりゃいかん!!”

一品料理に変更w

もつ味噌煮込みをオーダーしてみます。

お椀に入ったもつの色が何だか食欲をそそりません。

a1180_014259

乗り気じゃないのに、口へと運ぶ・・・

うっ”味を噛み締めながら思った

”もはやこの世の食べ物ではない”

もつはコリコリのプリプリ感が良いのです。

しかし、ドロッとしてネットリ感が凄い・・・

さすがに恐怖で箸が進みません。

それでも完食し、何とか生き残ることができたのです。

何故、繁盛しているのかが分かりません。

もうあれから十数年、まだあの店はあるのだろうか。

これも、思い出話として今も盛り上がっています(笑)

ペンネーム:すてきなおじさん


スポンサードリンク

“「美味しい!と絶賛されるお店が繁盛するのは当たり前!美味しくないお店の魅力はある?」” への2件のフィードバック

  1. JI-JI より:

    飲んだら話好きですので、余り知らないお店にはチャレンジしません。
    ただ、ラーメンと焼き肉には開発意欲旺盛で、1人で飛び込んで行きます。
    1人焼き肉、1人お好み焼き、1人回転寿司、大好きです。

  2. メガネザル より:

    そこまで不味いとはすごいですね・・・。

    私なんか一口でギブアップでしょうか。

    もしかすると店主もわざとやっているのかもしれませんね。

    何のわざとかは知りませんが・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ