「あんしん生活」にとって私ができること


スポンサードリンク


私は、「脊髄髄外多発膿胞」と云う病気、要するに脊髄に腫瘍ができ、

 

2年間歩くことができずに車椅子生活をしていました。

 

今は病気も治り、「あんしん生活」で仕事ができるまでに回復しました。

 

今は毎日会社に出て来ることに生き甲斐を感じています。

 

JIJI

 

 

先日、会社の同僚が突然この世を去りました。

 

私が「あんしん生活」に入社して3ヶ月、短い間でしたが勇気と元気をもらった人でした。

 

いつも明るく、優しさを忘れない会社のムードメーカー的存在の人でした。

 

「あんしん生活」を愛し、会社の同僚を愛した尊い存在を失いました。

 

もっと、もっと私たちの会社「あんしん生活」をより良く楽しい職場にするために、

コンセプトとして「1%チャレンジ」と云うスローガンが上げられました。

 

私自身とても良いスローガンだと思います。

 

大きいことではなく、

ほんの少しの思いを持って「あんしん生活」をより良い会社にするために、

意識を継続して行くにはどうしたら良いのか・・・?

 

ブログ

 

 

「私ができること。」

 

★挨拶を必ず相手の顔を見てする様にします。

 

★床にゴミが落ちていたら、気付いた時点で拾います。

 

★洗面所は綺麗に保ちます。

 

★笑顔で皆に接し、ユーモアを持って対応できる様に心掛けます

 

ペンネーム☆JI-JI

 

 

 


スポンサードリンク

“「あんしん生活」にとって私ができること” への2件のフィードバック

  1. 木藤勝則 より:

    本当に、ムードメーカーが居なくなり残念です。

    脊髄髄外多発膿胞について調べました。

    大変な疾患ですね。

    実は私も、四肢が動かせずに車椅子生活の時期がありました。

    今は、歩けるようになっていますが、いずれは動けなくなる病気です。

    なので、動けるうちに働き、そして楽しむようにしています。

  2. 津田 康 より:

    笑顔はふと忘れがちになってしまいます。
    常に余裕を持って行動したいなと思います。

    できることからコツコツ続けたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ